トレンドニュース美容師の考察

ただただガヤを入れたいだけ。

元都知事石原慎太郎 果し合いに向かう侍 何を語りたかったのか?

おはようございます。

 

 

f:id:moritoki0829:20170306082229j:plain

 

 

朝からブログを書くのは初めてですがなんとも面白かったので買いてみました笑 とは言っても豊洲移転問題。今すごく問題になっていますね。築地から豊洲に移転するはずだったものが盛り土問題で今は延期という状態になっています。

 

 

それは元都知事である石原慎太郎氏が進めて来たものであるが、小池都知事に変わって豊洲のことをしっかり調べてみるとやはり豊洲も環境問題がありあまり良くないと?ではどうする?ということで現在延期中ですが築地の人もかなり影響があるようです。

 

 

しかし豊洲もすでに出来上がっている状態があったり築地も移転の準備に追われたりと色々ありましたが、維持費でかなりの金額がかかるということ。それを誰が払っているのかというところ。そこには批判が続出しています。

 

 

スポンサーリンク

 




 

 

果し合いに向かう侍の心境

 

ということで会見を三月三日に行った石原都知事でしたが、結局何を語りたかったのか?結局言いたいのは自分に責任はないということなのでしょうか?小池都知事が悪いと言ったり、責任はあるが当時の副都知事に一任していたという。

 

 

そう結局、副都知事に任せていたから自分には責任はない。そう言っているようにも聞こえました。終始自分の責任を逃げ回っているような説明。

 

 

小池都知事が悪い。これはなぜでしょうか?とりあえず小池都知事を道連れにしたかったのでしょうか?それはなんとも侍らしくない。侍なら侍らしくしっかり責任を認めて欲しかった。都知事を引退してからこのようなことになるのはとっても寂しいことだが政治に関しては初心者だが都のトップを長年務めていた石原慎太郎を僕は心底尊敬していた。

 

 

今回の説明でなんとも嫌いになりそうだ。石原慎太郎の著書「天才」これは元総理である田中角栄の自伝的なものを1人称で書いたものだがこれを読んでやはりどちらもすごい人だと感じていた。

 

 

しかし今回の果し合いに向かう侍はもう隠居してしまっていた。あの時の威勢もなく語ることも中途半端。そして侍らしからな責任転嫁。全てが自己防衛でしかなかったものに対して僕は失望しか覚えられなかった。

 

 

上で挙げたが画像は今日その話をニュースでしていて息子の良純が親父をかばっている部分を見た。しかしあの人は自分の興味があるかないかで仕事をしていたことはあるだろうと語った。まぁそんな政治家ばかりだろうが、石原慎太郎はそうでないで欲しかった。

 

 

政治なんて対して理解もしてないしそんなに興味もないが石原慎太郎という素晴らしいと思っていた人がこのように弾劾されるところを見ているとやはりまだ30年も生きていない僕なんかは見る目がないのかなぁとも思ってしまう。

 

 

 

 




スポンサーリンク